アスペルガー 特徴 大人 仕事

大人のアスペルガー症候群の特徴と仕事について

スポンサーリンク

今回は大人のアスペルガー症候群の特徴と仕事についてというテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群というのは、言語障害や知的障害を伴わない発達障害です。
特徴はコミュニケーションが苦手だったり、人に関心が薄く、一人が好きで、一人で遊ぶことも多く、世間の人が関心を寄せる事柄について関心を示さなかったり、予想外の事が起こるとパニックを起こしてしまったりします。
そんなアスペルガーの人は変わり者とレッテルを張られがちです。
学生の頃は学校や家庭が援助したり支えてくれたりするので、日常生活レベルなら普通に過ごせていたとしても、大人になり社会に出ると、サポートしてくれる環境はありません。
理解者も少なく、変わり者といレッテルは益々増え、それと同時にストレスも溜まっていきます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群に悩むことが多くなってくるのは、大人になり仕事に就くときでしょう。
アスペルガー特有の空気が読めなかったりすることで、後ろ指を差されたりして、嫌になって仕事を転々とするケースが多いようです。
人間関係も悩みますが、仕事内容にも悩みを抱えることが多くなるようです。
話をききながら何かをするといったように、二つ別々の事を同時にやったり、臨機応変な対応が難しいため、ミスが目立つようになります。
アスペルガーの特徴として、好きなことや興味があることには通常の人より集中力が出せる特徴があるようなので、人とあまり関わらないような、単純な作業や繰り返すような仕事が向いているでしょう。
見つかれば、自立して生きていくことも十分に可能ですので、諦めないで、周りの人は転職が見つかるようにサポートをしてあげましょう。
以上、大人のアスペルガー症候群の特徴と仕事についてでした。

スポンサーリンク