自閉症 目つき 特徴

自閉症の目つきの特徴とは?

スポンサーリンク

今回は自閉症の目つきの特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の目つきの特徴とは一体どんな特徴があるのでしょうか?みていきましょう。
まず自閉症の一種であるアスペルガー症候群という病気について話していきます。
アスペルガー症候群の特徴は、他人の感情や気持ちを読むことが苦手なので、相手とのコミュニケーションが本人にとっては非常に困難であります。
これは親や兄弟、親戚でも同じですので、人見知りなどとは全くことなったものになります。
また、アスペルガー症候群の人は、自分の興味あるものには非常に強いこだわりをもち、集中力は定型発達の人よりも凄い能力を発揮することもあります。
ですので、歴史上の人物で、偉業を成し遂げた人は、アスペルガー症候群ではなかったのか?
という説もあるぐらいです。
ですので、アスペルガー症候群の方は天才といわれるような才能をもっていて、開花させることができれば、普通の人が達成できない、成し遂げることができないことをやってしまう可能性を秘めているのです。
そして、このアスペルガー症候群の人は目に特徴がありますので、これから話していきます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は相手の顔をまじまじと見てしまうという特徴があります。
それは何故かというと、他人の感情を読むことが難しいので、まじまじと見て感情を知ろうとしているのです。
その知ろうとしている行動が目つきに現われてしまっているのです。
しかし、本人はまじまじみているという自覚もなければ、悪意もありません。
また逆に目が泳いでいるような目つきであることも多いです。
これは、他人に興味がないので、目をみるという習慣がないためです。
相手が目をみて話してほしいと思っていれも、その感情がわからないのです。
ですので、アスペルガーの人は、周りの人から、この人なんかおかしいと思われたり、変わっていると思われてしまうのです。
そして、アスペルガーの特徴として、知的障害がないので、健常者と同じ扱いをされてしまうことです。
これには賛否両論ありますが、見た目も健常者と同じなので、時として同じ扱いでは本人にとrって辛い時もあるのです。
日常生活の変化に弱い面もありますので、普段と違うことが起こるとパニックを起こしてしまう人も中にはいます。
本人にはどうしようもないことですので、周りの人が大きな心で受け入れてあげることが重要です。
以上、自閉症の目つきの特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク