自閉症 特徴 5歳児

5歳児自閉症の特徴とは?

スポンサーリンク

今回は5歳児自閉症の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
5歳児自閉症の特徴とは一体どんな特徴なのでしょうか?みていきましょう。
自閉症は自分を閉じてしまう病気や心の病気ではありません。
先天性の脳の障害です。
詳しくは未だに解明されていませんが、完治するという病気ではありません。
ですので、親の育て方が悪いという問題ではありません。
基本的な自閉症の特徴というのは、『強いこだわり』『コミュニケーションが苦手』『社会性の欠如』等があげられます。
多くの場合、3歳児頃に確定診断ができます。
それより前では、発達が遅いだけかもしれませんので、確定診断ができません。
他人に関心を示さないことや、他人の気持ちに鈍感だったり、規則やルールといったものの概念の理解が苦手です。
ですので対人関係を築くのが難しくなります。
コミュニケーションをとるのが少ないので、自然と言語の遅れも見られます。

スポンサーリンク

また言葉の意味を理解するのも苦手です。
ですので、絵やカードを使って、視覚的にアプローチをしたほうが理解しやすいようです。
視線を合わせないのも特徴だったり、同じことや物を繰り返したり使用したりします。
自閉症は完治はしないので、治療ではなく、療育というものを行っていきます。
社会生活を送れるように訓練をしていくのです。
5歳になると通常は保育園や幼稚園に通わせながら、療育を受ける機関へも通ったりします。
このような療育を行うことによって、少しずつ喋れるようになるでしょう。
しかし、抽象的な言葉は理解が難しいようなので、体験をしながら伝えていくということをします。
自閉症の子は、特殊な感覚を持っていることがあり、匂いや人ごみに不安や恐怖を感じることがあるようです。
何に対して恐怖をなどを感じるか理解してあげて、少しずつ慣れてもらう訓練をします。
自閉症の5歳児では保育園や幼稚園に通っている時期だと思いますが、この頃になると小学校への入学を考える時期だと思います。
通常学級を選ぶのか、それとも特別支援学級を選ぶのか?
この判断は難しいので、医師や専門のスタッフとよく相談をしながら決めると良いでしょう。
以上、5歳児自閉症の特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク