自閉症とは 1歳児検診

自閉症とは?1歳児検診で分かること

スポンサーリンク

今回は自閉症とは?1歳児検診で分かることというテーマで話していこうと思います。
自閉症とは?1歳児検診で分かることとは一体どんなことなのでしょうか?みていきましょう。
自閉症とは脳の神経の発達障害によって起こるものであり、多くの場合幼児の段階である程度その傾向がわかります。
この自閉症は生まれつきのもので先天性の病気で、治療ができない障害となっています。
ですので、親の育て方やしつけが悪いとかそういうことではないのです。
しかし周囲からはそのように思われがちで、親の精神的なストレスも多いのです。
自閉症の症状は大きく分けて三つあります。
社会性の欠如、コミュニケーション能力の低さ、想像性の欠如が挙げられます。
人によって現われる症状の種類や程度は変わってきますが、この三つの症状にあてはまった言動をとります。

スポンサーリンク

しかし、このような自閉症特有の特徴は年齢を重ねなければ、正確にわからないので正しい判断も下せません。
発語機能、認知能力、運動機能を年齢に合わせた検査をしていく必要があります。
しかし、このような自閉症の特徴が目立って現われている場合は、比較的早い段階で、障害を見極めることが可能です。
中には普段の行動に疑問を感じ、1歳児検診の時に個別に相談をする親御さんもいらっしゃいます。
1歳児頃になれば発達具合を把握するのはそれほど難しいことではありません。
できることが多くなってくるので、たとえば、つかまり立ちやハイハイができず周りの子と比べて成長が遅い気がするといったように、自閉症を疑うような兆候が出てくるのです。
他には、なかなか笑わなかったり、抱っこをして目が合っても良い場所にいるのに目が全然合わなかったり、このような症状が見られる場合は自閉症の疑いが高くなります。
しかし、このような症状が現われているから必ずしも自閉症だとはいえません。
そして逆に自閉症であっても、このような検査にはひっかからない場合もありますので、疑いがある場合は相談をこまめにしておくことをオススメします。
早い段階で自閉症だと気づくことができれば、早い段階で療育というものが受けられ、今後の生活が送りやすいものとなるでしょう。
以上、自閉症とは?1歳児検診で分かることについてでした。

スポンサーリンク