妊娠 自閉症 いつわかる

妊娠をして自閉症だといつわかるのか?

スポンサーリンク

今回は妊娠をして自閉症だといつわかるのか?というテーマで話していこうと思います。
妊娠をして自閉症だといつわかるのでしょうか?みていきましょう。
まず自閉症とは、発達障害の一つで、広汎性発達障害と呼ばれていて、最近では自閉症スペクトラムという呼ばれ方もします。
脳の機能に障害があり、言葉や認知の面に発達の遅れがみられます。
また感情などを伝える能力や表現することが苦手だったり、相手の気持ちを理解することが苦手なので、対人関係を築くことが苦手なのでコミュニケーションもとることが難しいでしょう。
遺伝率は低い傾向です。
また原因はよく分かっていないのですが、一説には活性酸素が増えると幼児の脳に神経の一部が破壊されると考えられています。
ですので、活性酸素は水産物などに多く含まれる水銀の摂取、農薬や食品加工物の摂取、医薬品の過重摂取、肥満やストレス、ビタミンやミネラル不足で多く発生してしまうようなので、これらのことに注意していく必要があります。

スポンサーリンク

また自閉症がいつわかるか?ということですが、これは妊娠中にはわかりません。
自閉症の兆候が現われてくるのが、だいたい1歳半ぐらいからになります。
三歳ぐらいまでは成長に個人差があり、それが病気によるものなのか発達が遅れているばけなのかの判断が難しいため、自閉症の診断は三歳ぐらいまではされません。
自閉症を未然に防ぐためには、妊娠前や妊娠中の生活習慣が大切になってきます。
アルコールや煙草の摂取は控えましょう。
また、妊娠中はストレスが溜まりやすいので、なるべくストレスを溜めないようにしたり、上手にストレスを発散できるようになにか趣味をみつけたりして私生活を充実させて、のんびりと穏やかに過ごせるような環境を整えることが重要です。
また食品は無農薬のものを選んだり、安全性の高い食品を摂取するように心がけます。
外食はどうしてもカロリーが高めになってしまうので、なるべく自炊をするようにしましょう。
また、ビタミンA、B、D、Eや亜鉛やマグネシウム、オメガ3脂肪酸が不足しないように心がけましょう。
このようなことに注意することによって自閉症のリスクが低くなると考えられています。
以上、妊娠をして自閉症だといつわかるのか?についてでした。

スポンサーリンク