自閉症テスト 診断 2歳 症状

2歳での自閉症テストの診断と症状について

スポンサーリンク

今回は2歳での自閉症テストの診断と症状についてというテーマで話していこうと思います。
2歳での自閉症テストの診断と症状について詳しくみていきましょう。
自閉症かどうかの診断は、早い人で2歳の頃に行われます。
もちろん症状や程度が軽い場合は、その判断が難しくできない場合もおおいにあり、経過観察というケースも多くあります。
しかしこの2歳の段階で、自閉症の症状や特徴が大きく現われている場合や発達が著しく遅れている場合は、自閉症という診断が下る場合もあります。
この自閉症のテストですが、本格的なものは専門の医療機関や児童相談所などの施設で受けることが可能です。
この自閉症のテストは運動能力や認知能力のチェック項目があり、全ての項目をチェックし、どの項目の発達が遅れているか?などのチェックをしていくのです。
さらに詳しい診断をしてくために、その子の両親などに詳しく話を聞いていきます。

スポンサーリンク

これらの情報を元に、自閉症であるかないかの診断が下されるのです。
自閉症と診断されることを嫌う人がいますが、もうこの病気は治すことはできないので、治療ではなく療育というものを行っていきます。
自閉症と診断をされれば、福祉サービスなどや療育を行っている施設の利用ができるようになります。
このサービスは診断を下された人のみに使用できる権利が与えられるのです。
このような場所では、社会性の向上、生活の質の向上などを目指し、基本的な能力を身につけていくことができます。
通常の保育園や幼稚園とは違いますが、その子に合った教育やサポートが受けられるのです。
また、面談や手帳の申請等をしていかないといけませんが、色んな場面で、割引を受けることが出来たりするので、ぜひめんどくさがらないで、やることをオススメします。
お子さんのことで悩みがある場合は病気であるかどうかだけではなく、気軽に相談をしに、そのような相談を受けてくれる場所に行ってみてはいかがでしょうか?
以上、2歳での自閉症テストの診断と症状についてでした。

スポンサーリンク