自閉症 いつわかる

自閉症はいつわかるのでしょうか?

スポンサーリンク

今回は自閉症はいつわかるのでしょうか?というテーマで話していこうと思います。
自閉症はいつわかるのでしょうか?みていきましょう。
自閉症なのかどうかの診断は、その子がある程度成長してからでないと判断できません。
それは乳幼児というのは、定型発達の子でも発達が遅かったりする場合もあり、個人差がありますので、時期早々なのです。
たとえば言葉を喋るのが遅かったり、歩くのが遅かったりする子がいますので、容易に判断することが出来ないのです。
しかし、自閉症と思われる症状が一歳を過ぎたあたりから徐々に顕著に現われてきます。
たとえばなかなか喋らない、ほとんど笑わない、目線を合わせないなどの症状があからさまに現われてきます。
これらの症状も、病気ではなくその子の特徴である場合もありますので、この症状が現われたからと言って、一概に自閉症だということにはなりません。
しかし、発達が著しく遅い場合は注意する必要はあるでしょう。

スポンサーリンク

自閉症の場合、診断が出来るのが、これも個人差がありますが、一般的にはだいたい三歳の時点で診断名が下せることになっています。
もちろんこれは一つの目安でありますので、症状が軽度の場合は、判断も難しくもう少し歳を重ねてからの診断になるでしょう。
自分の子供が自閉症なのではないか?診断名はいつわかるのか?と不安に思っている方がいるかもしれませんが、まずは専門機関へ足を運んでみてください。
または相談施設や電話相談でも良いでしょう。
周りの人は解からなかったり、頼れなかったりもするでしょう。
そんな時は相談をしに行きましょう。
そこの人達はプロですので、何かしらのアドバイスをくれるでしょう。
できるだけ早く相談をすることで、診断や次のステップにも進めます。
また、勘違いだったという場合もあり、いずれにしても分からないという不安からは解放されるでしょう。
また、子供に合わせた環境づくりも大切になります。
専門機関情報や知識は今はインターネットが普及しているので、ある程度の情報は集められます。
不安を解消するためにまずは家の近くの相談所などを探してみてはいかがでしょうか?
必ず力になってくれるはずです。
以上、自閉症はいつわかるのでしょうか?についてでした。

スポンサーリンク