アスペルガー 診断 テスト 子ども

子どものアスペルガー症候群のテスト診断

スポンサーリンク

今回は子どものアスペルガー症候群のテスト診断というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群であるかを調べるために、アスペルガーのテスト診断があります。
しかしこれは専門医が行うものであり、一般の方が断定できるものではありません。
まず病院に行く前に、疑いがあれば、テスト診断をして、その結果疑いが高ければ病院に行くようにしましょう。
では一体、子どものアスペルガー症候群のテスト診断にはどういったものがあるのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群の診断基準でギルバーグ判断というものがあり、これは精神系の専門医が使うものでもあります。
ギルバーグ判断基準とは、
『社会性がなく、自己中心的であること』
主にコミュニケーションが苦手で友達を作れなかったり、一人が好きで、一人で遊んでいることが多く、極端に人と関わることを避けます。
『関心ごとが少なく、興味が偏る』
関心ごとが少なく、興味を示すものが偏ります。
アスペルガーの特徴でもあるのですが、興味をもったものには異常なほどの集中力を発揮し、高い評価を受けることがあります。
友達がいても、極端に数が少なかったりするのも特徴です。
注意深く観察してみましょう。

スポンサーリンク

『一定のパターンの生活習慣を好む』
同じ生活習慣を繰り返すことに執着を示します。
また、人に対しても同じです。
『言葉遣いや話し方に特徴がある』
言葉の意味を理解するのが苦手であることが多い。
意味の解釈を間違えることが多い。
『コミュニケーションが苦手』
身体で表現することが少ないまたはない。
表情が乏しく、視線がうつろで落ち着きがない。
適切な表現が難しい。
『運動能力に問題がある場合も』
運動が得意な場合もあるが、極端に運動能力が低い場合もある。
このような基準がギルバーグ判断基準です。
これに当てはまるものが多ければ多いほど、アスペルガー症候群の可能性は高いです。
しかし多いからと言ってアスペルガーとは限りません。
疑いがある場合は、専門の病院にいき、診断を受けましょう。

以上、子どものアスペルガー症候群のテスト診断でした。

スポンサーリンク