アスペルガー 恋愛 執着 解決策

アスペルガーの人の恋愛の執着と解決策について

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの人の恋愛の執着と解決策についてというテーマで話していこうと思います。
アスペルガーの人の恋愛の執着と解決策は一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群とは先天性の脳に障害がある病気です。
会話は出来るのですが、コミュニケーション能力や社会性、強いこだわり等をもっていて、社会になじめなかったり、適応することが難しい障害となっています。
知的障害は持っておらず、知的障害のない自閉症といわれることがあります。
見た目も定型発達の人と変わりなく、個性的でちょっと変わった人だななどと思われることが多いようです。
アスペルガー症候群の男女比で言えば、女性より男性の方が多いといわれています。
また相手の感情や気持ちを察することが苦手なので、言葉のニュアンスを間違えたり、言葉の作法や使い分けが解からない場合が多いです。
ですので、本人が解からないで、無意識で相手を傷つけている場合があります。
コミュニケーションにも問題があり、質問に的を得ない返答をしてしまったり、人が多い場所では軽くパニックになってしまったり、自分のことばかり話してしまう癖があります。
家族や兄弟にも同じような態度で接します。

スポンサーリンク

また、定型発達の人でも多少はありますが、環境が変わると不安になります。
たとえば、物の位置が変わったり、生活のリズムが一緒でないと不安になります。
これらのことが通常の人より顕著に現われてパニックを起こしやすくなるのです。
決められたことや、指示を出されたもの、ルールがあるものはきちんとこなすことができます。
また、強いこだわりがあります。
これは時に恋愛面でもその傾向があります。
好きな相手に強い執着心を持ってしまうことがあります。
執着してしまうのは、相手を支配したいという欲求から起こります。
ですので、ストーカーやDV、モラハラなんかにも気をつける必要があります。
恋愛は障害を持っている持っていないにかかわらず、お互い相手を思い合っていく必要があります。
一方的な思いでは素敵な恋愛は成立しません。
いつかは破局してしまうでしょう。
障害を持っているのなら、余計にお互いが相手の特徴を理解し、受け入れて思い合っていく必要があります。
アスペルガー症候群の治療は現段階ではありませんが、療育といって、心理療法や療育を行っている施設等がありますので、そのような施設を利用するのも良いかもしれません。
また不安が大きい場合には、不安を抑える抗うつ剤を使用しながら療育をしていく場合もあるでしょう。
以上、アスペルガーの人の恋愛の執着と解決策についてでした。

スポンサーリンク