アスペルガー 仕事 女性

アスペルガー症候群の女性と仕事との関係性

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の女性と仕事との関係性というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群の女性と仕事との関係性はどうなっているのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群の症状は少々厄介で、仕事にも悪い影響を与えてしまうこともあります。
そのアスペルガー症候群の職場での症状とは、急な仕事内容の変更に対応が出来ず適応できなかったり、女性は比較的得意なのですが二つの作業を同時にできなかったり、人とのコミュニケーションが上手くとれなかったり、暗黙の了解なども理解することができなかったりと、周りの人のサポートがないと上手くいかなかったり、ミスをしてしまうことが多いでしょう。
このようなことが積み重なると精神的に追い込まれていき、いずれ周囲からも孤立し、最終的には仕事を転々とすることが多くなってしまいます。
そしてさらに社会に生きづらさを抱えて、いずれ二次的障害でうつ病などの病気を発症してしまう方もいらっしゃいます。
このうつ病などの病気で病院を受診した際に、アスペルガー症候群が関係したことが発覚するケースも珍しくありません。

スポンサーリンク

この障害は先天性の脳に機能的障害があるものですが、発症するメカニズムなど、まだまだ詳しいことは分かっておらず、治療というのはなく、改善を目的とする療育というものがあります。
アスペルガーの人が社会で上手くやっていくには周囲の人の理解とサポートが必要なので、会社や周囲の人に障害を持っていることを開示していた方が、スムーズに日常生活を送ることが可能になるでしょう。
また、自分でできることとしては、メモをとってやらなくてはいけないことを忘れないようにしたり、タイマーを設定して時間をきにするようにすることができます。
そして、周りの人は、抽象的な表現を控えたり、分かりやすく説明をしたり、一つ一つの仕事の指示を出すことでミスを減らすことが出来るようになるでしょう。
アスペルガーの人は男性女性関係なく周囲の人のサポートが大変効果的です。
また得意なことなら、定型発達の人より凄い集中力を発揮して、高い能力を発揮できることもあります。
特徴の一つに、強いこだわりやすさまじい興味のあることには集中力が高いので、これがうまく噛み合えば高い能力が発揮できるでしょう。
アスペルガーや男女関係なく、社会でうまくやっていくには、その人なりの得意な分野や好きなことを見つけてやっていくことが、必要なのではないでしょうか?
以上、アスペルガー症候群の女性と仕事との関係性についてでした。

スポンサーリンク