アスペルガー 離婚率 高い 理由

アスペルガー症候群の人の離婚率が高い理由とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の人の離婚率が高い理由とは?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群の人の離婚率が高い理由とは一体なんなのでしょうか?
アスペルガーの人は、先天性の脳の障害を持って生まれてきます。
そのため定型発達の人にはみられない特徴をもっています。
その大きな特徴に他人への無関心があります。
主に自分以外の人には興味がないため、協調性や社会性に欠けます。
またコミュニケーション能力にも問題があるため、人間関係を上手に築くことが難しく、これは結婚生活にも大きな影響を及ぼします。
アスペルガーの人は他人に興味を示さないだけでなく、興味のないことは関心を示さないので、家事や行事等にも参加しないなど、これが大きな離婚の原因にもなります。
逆に興味のあることには定型発達の人より、高い能力を発揮することもありますので、家事などに興味をもてば、夫婦関係もよくなるかもしれません。

スポンサーリンク

この様に、家事や行事に関心がないパートナーだと結婚生活は難しく離婚率が高くなってしまうでしょう。
また結婚をするということは、相手と向き合わなくてはいけない時間が当然増えます。
そのため、結婚前はその障害があるとはわからなかったけど、結婚後障害があることに気づくケースも珍しくありません。
それが離婚の原因になったりするのです。
しかしアスペルガー症候群の全ての人が同じ特徴を持っているとは限りません。
またその症状も軽度だったり重症だったり千差万別です。
しかしやはり結婚をすると相手との時間は増えるので、相手の本質が嫌でも見えてしまいます。
夫婦関係は相手とのいる時間によって、大きく左右されるとも言われています。
本質が素直であるアスペルガーの人が一旦一緒にいるのが嫌と思ってしまえば、会うことを拒み、またこれが離婚の原因にもなります。
以上の理由から、アスペルガーの人の離婚率は80%と高い確立となっています。
家族関係は相手に関心を持って接しなければ、継続して良い関係を保つのは難しいため、興味がなくなってしまうと結婚生活は難しいといえるでしょう。
以上、アスペルガー症候群の人の離婚率が高い理由とは?についてでした。

スポンサーリンク