アスペルガー 大人 特徴 歩き方

アスペルガーの大人は特徴的な歩き方をする?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの大人は特徴的な歩き方をする?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガーの大人は特徴的な歩き方をするのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群とは、知能や言葉の発達などの遅延があまりない障害とされています。
見た目も定型発達の人達と変わりません。
なので、他人もなかなか気づかず、自分も気づいていない可能性も高く、気づかないまま大人になっている人も大勢います。
またその発症率は1/100とも言われており、そこまで珍しい障害でないことが分かります。
またアスペルガー症候群の最大の特徴として、共感性に欠け、相手の感情や気持ちを察することが苦手またはできません。
他には、自分の思い通りにならないとカンシャクを起こしたり、二つのことを同時にできなかったりします。
また、興味をもつ対象が狭く、興味を持つとそれに対するこだわりが強くなります。

スポンサーリンク

以上の特徴から、本人にとっては悪気が無かったとしても、気づかないうちに相手を傷つけてしまい、トラブルを招いたり、自分の好きなことに没頭してしまい、家族からもあきれられて孤独になるケースがあります。
そのほかでは、アスペルガーの大人は特徴的な歩き方をする場合があります。
それはどのような歩き方かと言うと、『ロボット』のようなぎこちないような感じで歩く人がいます。
その原因はアスペルガーの人は筋肉のバランスがとることが難しく、そのため筋肉を連続して動かす歩くという行動がぎこちなくなってしまうのです。
たとえば、自分の手や頭がどの位置にあるのか?などの感覚を知覚しずらかったり、姿勢を保つ筋肉が弱っていたりするので、歩き方がぎこちなくなったり、変な姿勢だったりします。
これは子供の頃から始まり、そのまま大人になってもぎこちない歩き方をする場合が多いです。
これは治療が難しく、一生付き合っていかなければいけない問題でもあります。
アスペルガーに対しての治療は現段階ではないのですが、心理療法をメインとする療育というものがあります。
これは治療ではなく、症状を完全に治すというものではなく、軽減させていくものになります。
しかし、アスペルガーの人がみんなぎこちない歩き方をするかというとそうではないので、参考程度にしていただければなと思います。
以上、アスペルガーの大人は特徴的な歩き方をする?についてでした。

スポンサーリンク