アスペルガー 赤ちゃん 特徴

アスペルガーの赤ちゃんの特徴とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの赤ちゃんの特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガーの赤ちゃんの特徴とは一体どんな特徴があるのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群という障害がありますが、この障害をもっている赤ちゃんの特徴は以下のようになっています。
他人と目を合わせない、こだわりが強い、聴覚が過敏、というような特徴があります。
恥ずかしがり屋の人は目を合わせなかったりしますが、それとはまた別の問題です。
この症状は子供に多い症状ですが、大人になっても続くことがあります。
大人になって理性が少しずつ成長して、意識をすれば目を合わせられるようになってきますが、赤ちゃんの場合は意識してこうどうすることがほとんどできないので、目を合わせる行為が難しいでしょう。
たとえば母親が赤ちゃんに目を合わせて話しかけても、全く反応がない場合があります。
そして他にはこだわりが強いという特徴があります。

スポンサーリンク

その子が気に入ったものばかり使ったり要求をしてきたりします。
例えば同じオモチャでずっと遊んでいる等です。
他には気に入った絵本のあるページだけずっと眺めているなどです。
また聴力が過敏という特徴もあり、大きな音や騒がしい雑音や雰囲気なんかでも泣き出してしまうことがあります。
通常より音に敏感なので、ちょっとした音が大きく感じてしまうのです。
このような症状が見られる時は病院に行き医師に相談するのが良いでしょう。
またこのような症状は自閉症の子にもみられたりします。
目を合わせないのは決して母親が嫌いでしているとかそういう類のものではないので、心配することはないでしょう。
他には、寝つきが悪かったり、睡眠障害を伴っている場合が多いです。
睡眠の時間帯が安定せずに昼夜逆転の生活になってしまっている子もいます。
以上、アスペルガーの赤ちゃんの特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク