アスペルガー 受動型 適職

受動型のアスペルガー症候群の適職とは?

スポンサーリンク

今回は受動型のアスペルガー症候群の適職とは?というテーマで話していこうと思います。
受動型のアスペルガー症候群の適職とは一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群のなかにも様々な種類があり、主に四つのタイプに分かれます。
このなかでも受動型のアスペルガーは、比較的日常生活に支障をきたさないタイプといわれています。
特徴としては
1、『社会生活の中で、反社会的行動はほとんどない』
2、『集団のなかではあまり目立たない』
3、『自分からは人と関わりをもとうとしない』
4、『人からの誘いには応じる』
などの特徴があります。
以上のように、受動型のアスペルガー症候群の人は、比較的社会との関わりを受け入れる傾向があります。
また反社会的な行動を起こさないので、定型発達の人を見分けがつかないことが多いです。
なので、小さい頃からご両親による教育や施設等などによる療育がしっかりと行われれば、将来適職につくことも十分可能です。

スポンサーリンク

しかし子供の場合、趣味や嗜好、興味の対象がどんどんと変わっていきます。
そして将来開業等を目指すのであれば、お子さんが興味の続くものを選択しなければ上手くいきません。
さらに反抗期になると性格が変わってしまう子もいるようです。
反抗期だと、両親や周りの人が良いと思って言ったことを素直に受け入れない場合も多いでしょう。
なので、教育や療育もなかなか難しい面があります。
しかし諦めてしまっては元もこうもありません。
ですので、お子さんにやってあげるべきことは、興味や趣味を見つけやすいように、視野を広げてあげたり、色々なことを経験させてあげることが大切です。
また、より多くの人とコミュニケーションをとれるような環境を作ってあげることも重要です。
そうすることによって、より社会に近い環境を経験でき、いざ社会に出たときに、比較的スムーズに社会参加していけるようになります。
以上、受動型のアスペルガー症候群の適職とは?についてでした。

スポンサーリンク