アスペルガー 恋愛感情

アスペルガーの人の恋愛感情について

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの人の恋愛感情についてというテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群とは、発達障害のうちの一つで、知的障害がみられないもの、且つ先天性の障害です。
大きな特徴は三つ程あります。
1、『対人関係の障害』
曖昧な表現が苦手だったり、言葉をそのままの意味で捉えてしまうため冗談が通じなかったり、相手との距離感がつかめないので不自然だったり、人と会話をしている時に表情がその場の雰囲気に合っていない。
などの特徴が挙げられます。
2、『想像力の欠如』
これは、想像力が不足しているので、相手の立場になって考えることが難しいようです。
なので、例えば、数人で食事をしている最中に『あなた今日点数悪かったわね〜』と相手が傷つくような発言をしてしまったりします。
3、『限定的なこだわりが強い』
例えば、電車の種類を全て覚える、駅名を全て覚えるなど、特定の分野や自分の興味があるものに対してはズバ抜けた記憶力などを発揮します。
そしてアスペルガー症候群に天才が多い由縁もここに隠されています。
また、そのような良い面に作用することもありますが、こだわりが強くやらないと気がすまなかったりするので、逆に欠点になってしまう場合もあります。
また他には、感覚が鈍かったり鋭かったりします。
これらの特徴は人によって程度が大きく変わってきます。

スポンサーリンク

そしてそんなアスペルガーの人の恋愛感情についてですが、恋愛感情の持ち方はどの特徴が強いかによって変わってきます。
まずは『受動型』です。
これは人に流されやすく、恋愛感情はある場合、その状況を楽しむ傾向があります。
また積極的な時もあれば淡白な時もありますが、相手に流されやすい傾向があります。
次は『積極奇異型』です。
このタイプの人は自分が好きだと思った相手に対しては積極的にアプローチをします。
しかし自分がリードをしたいため、相手が自分のいうことを聞かない人を好きになると上手くいかない傾向があります。
単純な面があり、好きな人にはアタックしてしまうので、二股などをしてしまう可能性もあります。
最後に『孤独型』です。
このタイプの人は元々人に興味がない傾向が強く、恋愛感情を持ちにくく、持っていたとしても相手の恋愛感情には気づきにくいです。
また一人でいる時間が好きなので、恋愛に発展しないケースが多いです。
アスペルガーの人でも特徴に程度がありますので、一概にこうとは言えません。
アスペルガーの人の恋愛感情については以上挙げた通りになります。
ぜひ参考になさってください。
以上、アスペルガーの人の恋愛感情についてでした。

スポンサーリンク