アスペルガー 自覚症状

アスペルガー症候群の自覚症状とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の自覚症状とは?というテーマについて話していこうと思います。
アスペルガー症候群の自覚症状とは一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
アスペルガー症候群は先天性の障害で、自閉症の一つとされ、想像性に欠け、コミュニケーションも不得意とされています。
一説には女性よりも男性の割合の方が多いと言われています。
症状は、想像力に欠けるので、コミュニケーションが苦手で、他人に興味を示さないことも多く、友人ができにくい傾向があります。
さらにそれを助長している要因として、相手がなにを望んでいるのか、望んでいないのかなどの判断能力が低いため、この要因によっても友達付き合いが苦手だといえます。
そのため、空気が読めない発言が多く、知らず知らずのうちに相手を怒らせている場合も多くあります。
また、強いこだわりやそのことに集中すると、他の事が見えなくなってしまうことは日常茶飯事です。
そして、興味のある事柄に対しては、物凄い熱心に労力と時間をついやし、できるようになろうとします。
その時の集中力やその事柄への姿勢は、定型発達の人を超えるぐらいの凄さがあります。

スポンサーリンク

実際に定型発達の人よりある分野に対しては、高い能力を発揮して活躍している人も中にはいます。
また自分なりのルールや強いこだわりがあり、臨機応変に対応することが苦手な面があります。
うつ病などの二次的障害にも注意を払う必要もあります。
以上の項目に当てはまる場合はもしかしたらあなたはアスペルガー症候群の可能性があります。
その場合は、もう少し自分でも調べてみて、障害の特徴や他に当てはまることはないか?などと調べてみるのも良いかもしれません。
自分のことを把握したり理解することはとても大切です。
そして、身近な家族や友人、恋人には思い切って打ち明けましょう。
相手も知っていれば、ちょっとあれ?と思った行動にも納得でき、自分なりの心の整理もつけやすいでしょう。
生きにくさなどを感じるかもしれませんがあなたは決して1人ではないことを理解してください。
以上、アスペルガー症候群の自覚症状とは?についてでした。

スポンサーリンク