アスペルガー 職場 トラブル

アスペルガーの人が職場でトラブルを起こしやすい状況とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの人が職場でトラブルを起こしやすい状況とは?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群の人は、できることとできないことの差が激しく、向いていない仕事をするとミスを多く起こし、トラブルの原因になります。
しかし向いている仕事に就くと、普通の人より凄い能力を発揮し、その人なしでは仕事が回らないというぐらいの中心人物になることさえあります。
合っている仕事に就いているかいないかによって、会社も本人も大きく変わっていってしまうのです。
できることは、興味を持った分野の研究職やシステムエンジニア、製品組み立て、資料作成、在庫管理、文章の校正、会計士、シズテムエンジニア等です。
ある程度手順が決まっていること、ルールやマニュアルがあるところ、興味のあることが得意です。
得意分野では自分の感性と持続力を生かして、社会に大きく貢献できます。
また症状が軽度であれば、専門分野の相談員や、マニュアルがある簡単な接客業務も可能です。

スポンサーリンク

できないことは、ホストやホステス、ホテルマンや営業職などの気配りをするような仕事です。
他には、株の取引など、急な変更や予測不能な仕事です。
想像力に乏しいので、混乱を起こし、ミスを起こしやすいです。
またマニュアルがあってもスピードを求められることはなかなか難しいです。
トラブルはだいたい対人関係のものが多いので、周りの人がフォローしなくてはいけないときがあります。
たとえば、いつも使っているものがいつものところにないと腹を立てたり、相手の横柄な態度が許せず怒ったり、失礼な態度をとったり、なれない仕事をしていてパニックになってしまったりと周りの人を困らせるトラブルを引き起こしやすいです。
誰でもトラブルは起こすものですが、アスペルガーの人のトラブルは予想しずらいので、その時に合ったフォローをする必要があります。
本人には、なぜトラブルになってしまったかを説明してもらう必要があります。
このような特性を持っているアスペルガー症候群の人は、マッチングしている仕事をすることができれば、本人もその職場もプラスになりますが、逆に合っていない仕事をするとトラブルメーカーになってしまい、周りの人がフォローをしないといけなかったりするので、最初の仕事選びは重要です。
誰でも得意不得意はあり、アスペルガーの人は特に目立つだけなので、お互い助け合って生活をしていくことが重要だと考えます。
以上、アスペルガーの人が職場でトラブルを起こしやすい状況とは?についてでした。

スポンサーリンク