高機能広汎性発達障害 症状

高機能広汎性発達障害の症状や特徴について

スポンサーリンク

高機能広汎性発達障害の症状や特徴についてというテーマで話していこうと思います。
広汎性発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群、多動性・注意欠陥障害、学習障害等の先天的な脳の障害における、自閉症を中心とした発達障害をまとめた名称で、『自閉症スペクトラム』と同義として使われています。
また、広汎性発達障害は、まとめすぎて、多用するのはいささか問題があると専門家からは指摘をされています。
広汎性発達障害は知的障害が軽度のものから、知覚の異常や言葉の遅れ、また不器用さなどがある重度のものまで様々です。
このうちコミュニケーションの障害が軽いものをアスペルガー症候群といいます。
他に発達障害は、学習障害、多動性・注意欠陥障害などがあります。
広汎性発達障害の特徴として次のものが挙げられます。
1、『対人関係』
2、『コミュニケーションの障害』
3、『特徴的なこだわり』
があります。

スポンサーリンク

このうち全てに当てはまるものが自閉症で、1・3が当てはまるものをアスペルガー症候群に分類されます。
高次能広汎性障害の特徴は、知的障害を伴わないものがこれにあたります。
高次能とは知的障害を含めないという意味があり、アスペルガーや軽度の自閉症の方を指します。
しかし軽度だからと言って良いわけではありません。
障害として認識されないと、ワガママだと思われたり、性格が悪いというレッテルを貼られてしまう可能性も十分にあります。
そのため、不登校や様々な問題を発生されてしまう可能性があります。
高次能だからといって、興味が限局されていたり関心が偏っていたりしたら、社会生活やコミュニケーションが困難になるでしょう。
また他の人と感覚が違ったりするので、音楽や給食の場面でストレスが溜まり、そのことが原因で不適切な行動をとってしまうことが懸念されています。
以上、高機能広汎性発達障害の症状や特徴についてでした。

スポンサーリンク