アスペルガー 支援方法 対応の仕方

アスペルガー症候群の人の支援方法や対応の仕方

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の人の支援方法や対応の仕方というテーマで話していこうと思います。
あなたは『なにかこの子おかしい、、、』と思ったことはありませんか?
もしかしたらその子はアスペルガー症候群かもしれません。
アスペルガーの子がもし身近にいる場合、なるべく早い段階で適切な対応をとった方が良いでしょう。
なぜなら、アスペルガーの人でも早い段階で、正しい方向に導いていくことが出来れば、物凄い成績や結果を出す可能性があるからです。
成績や結果が出せなくても良いでしょうが、早い段階で正しい方向に導いてあげることができれば、その子自身も生きやすい生活を手に入れることができるからです。
正しい方向に導いてあげたければ、まずは自分が正しい知識を学ばなければいけません。
正しい知識を挙げていきます。
先ずは、自分の理想を相手に押しつけてはいけません。
理想を押しつけても受け入れなければ、全く意味がありません。
そして、決して焦らないことです。
その焦りは伝わってしまいます。
そして否定をしないで下さい。
アスペルガーの人は否定されることを極端に嫌います。
偏屈な人間になったり、自我が強すぎる人間に成長してしまいます。
アスペルガーの事を理解していけば、このようなことは避けた方が良いことが分かるでしょう。

これは頭が良い悪いのはなしではなく、障害であることを認識しましょう。
これがまずはアスペルガー症候群の人の支援方法や対応の仕方になります。
他にもあります。

スポンサーリンク

次に愛情表現がない、もしくは愛情がないのではないか?
と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はいりません。
アスペルガーの人は笑わなかったり、無視をしてしまう傾向があります。
これは特性として理解しなければいけません。
ようは苦手なのです。
日本人なら、苦手な人は大勢います。
これもアスペルガー症候群の人の支援方法や対応の仕方になります。
次に本人にアスペルガーだとどのタイミングで伝えれば良いのでしょうか?
それは『本人が辛い思いをする機会が多くなった時』です。
主にそれは小学校に上がった時でしょう。
周りとのやりとりが多くなってくるのもこの頃です。
そして、同時に周囲にも同じように伝えておくことが重要です。
そうすることによって変な批判をされなく、回りのそれを分かって接してくれます。
そして無理に回りのお友達の輪に入れないことです。
本人がすすんで入ろうとしている場合は別ですが、そうでないのなら親が無理やり輪に溶け込ませようとしてはいけません。
本人は辛いだけですし、余計に人間との関係が築けなくなってしまいます。

このように周りが正しい支援の方法や対応をしてくれると、アスペルガーの子でも比較的スムーズに生活できるようになります。
このように接してあげることによって、その子にとっても、周りにとっても過ごしやすい環境になるはずです。
以上、アスペルガー症候群の人の支援方法や対応の仕方でした。

スポンサーリンク