アスペルガー 運動神経 原因

アスペルガー症候群の人は運動神経が悪い?その原因は?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の人は運動神経が悪い?その原因は?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガーの人は運動能力が低かったり、運動神経が悪かったり、運動全般が苦手な傾向があります。
その運動神経が悪い原因はアスペルガーの人の独特な知覚や感覚が関係しているようです。
アスペルガー症候群かを判断するものとして『ギルバーグの診断基準』というものがあります。
高い頻度でアスペルガーの人は身体を使うのが苦手です。
アスペルガーの人は知覚や感覚が普通の健常者の方とは少し異なり、外からの情報を脳の中で上手く処理することが出来ないことが原因とされています。

スポンサーリンク

自分の身体の動きを上手く想像することが出来ないので、上手く動作として表現できないのではないかと考えられています。
上手く想像できないために、どのように身体を使って良いのか分からず、ぎこちない動きになってしまうと考えられます。
しかしまだこの見解は予測の域を越えておらず、まだまだ研究段階であります。
では、どうしたらこのように運動が苦手なアスペルガーの人に、運動や動作スムーズに行えるようになるのでしょうか?
まず、アスペルガーの人は予測をしたり、意図を読んだり、想像することが苦手なので、それを補うために、写真や言葉を使っていきます。
なぜかというと、想像や空間を認識することも苦手なので、絵を見せたり言葉で理解させてあげてから、動作をしてもらうと、頭の中で整理することが可能になるので、動きもスムーズにできるようになります。
アスペルガーの人は小さい頃からあまり身体を使うことが少ないので筋の発達や筋力がない場合もありますが、トレーニングにより改善は見込めます。
諦めず、カードや絵を見せて脳の中で鮮明にイメージできるようにしてあげることが重要になります。
以上、アスペルガー症候群の人は運動神経が悪い?その原因は?についてでした。

スポンサーリンク