アスペルガー 喋り方

アスペルガー症候群の人は喋り方が違う?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の人は喋り方が違う?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群の人は喋り方が違うのでしょうか?
まずは、ある人の例を挙げて話していきます。
その人は小さい時から、母音の『い』の発音が上手く発することができないようです。
成長して大人になってもなかなか改善がみられず、なるべく母音の『い』が入っている言葉を避けて、別の言葉をわざわざ捜して話をしているようです。
他にみつからず、どうしても話さないといけない時は、ゆっくりと話すようにしているようです。
それでもやはり上手く発音できず、人に指摘されて嫌な気分になったりするそうです。

スポンサーリンク

しかしこの喋り方は『機能性構音障害』という障害の一種で、訓練次第では大人になってからでも回復が見込めるそうです。
原因は口や舌の使い方が間違っているために、しっかりと発音できないようで、正しい使い方をしり意識して話すようにしたり、自分の声をボイスレコーダー等で録音をし、自分で聞いてみて調整すると良いようです。
あとアスペルガー症候群の人には吃音症という病気も併発することがあり、これは『どもり』といわれるものです。
これは緊張した時に起こりやすいようです。
しかしどもりは健常者の方も緊張をすれば、誰でも普通に起こるものですので、あまり気にしなくていいでしょう。
これも『機能性構音障害』と一緒で、訓練次第では回復も見込めるそうです。
他にも喋り方とは違うのですが、着眼点が違うためか、喋る内容が普通の人とは違ったり、目を見て喋ることが苦手な傾向があるようです。
しかしこれも訓練次第で改善が期待できます。
ですから、これれのように機能性構音障害やどもりの可能性があります。
ですので、喋り方が違うというだけで、アスペルガー症候群を疑うことはできないでしょう。
以上、アスペルガー症候群の人は喋り方が違う?についてでした。

スポンサーリンク