発達障害 大人 アスペルガー 症状

発達障害?アスペルガー?大人の症状とは

スポンサーリンク

今回は発達障害?アスペルガー?大人の症状とはというテーマで話していこうと思います。
日本で仕事を決める多くの場合、学歴を書いた履歴書を提出したり、面接をして、その結果として採用してもらえるか不採用かが決まるようになっています。
場所によっては、実技試験を設けている場所もあります。
そのような採用試験や実技試験で見抜くことのできない病気の種類として、発達障害のアスペルガー症候群という種類のものがあります。
これは自閉症の一種でもあります。
実はアスペルガー症候群という病気は近年分かってきた病気で、普通に社会生活を送っている人の中にも、病気に気づかないで過ごしている人も多くいることが分かってきました。
それも学力やIQは特に一般の人と比べても差はなく、寧ろ少し高いぐらいなので、気づかないケースが多いのです。

スポンサーリンク

しかしコミュニケーションが苦手なので、本人は慣れないことをしているので、内心では苦しい思いをしている人が多いのです。
100人に1人の割合でいるようで、先天性の障害となっています。
アスペルガーの人は人と関わることやコミュニケーションが苦手ですが、興味のあることに対しては、のめり込んで普通の人より良い成績を残したり、記憶力に関しても凄い能力を発揮します。
記憶力が良いので素晴らしい大学を卒業している人もいます。
人とのやりとりやコミュニケーションが難しいので、職場ではミスが多かったり、言われたことしか出来なかったり、融通が利かなかったりします。
それで余計に周りの人との関係も悪くなり、その会社にいずらくなり、退社してしまう人もいるようです。
しかし、人と関わることが少ない職場やコミュニケーションをそこまで必要としない仕事で、興味のある分野だと凄い能力を発揮して、素晴らしい成果を出す人もいるのがこのアスペルガー症候群です。
分野的には、調理師、WEB関係、建築士、設計士、科学者が向いているといえるでしょう。
障害があるからといって、悲観的になり塞ぎこんでしまっては、せっかくの才能が開花しないまま過ごしてしまうことになりますので、障害は個性と捉え、上手にその能力を活かす環境を整えてあげることが大切です。
以上、発達障害?アスペルガー?大人の症状とはについてでした。

スポンサーリンク