アスペルガー 顔立ち 関係

アスペルガーと顔立ちは関係がある?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーと顔立ちは関係がある?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群は発達障害で、自閉症の一つとされています。
想像力や創造性、コミュニケーション、社会性の三つに障害があることで診断されます。
自閉症も上記の障害の三つを持っています。
なので自閉症とアスペルガーは類似しているのです。
アスペルガーや自閉症は、先天性で上記の三つの障害はありますが、知能や言葉の遅れはありませんので、年齢が低い頃にはあまり気づきません。
では、アスペルガーと顔立ちは関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

インターネット上では顔に特徴があるなんて事が書かれていたり、判断材料が少ないためか、親は顔立ちから判断をしようとする人が多いようですが、全くそのような事実はありません。
アスペルガーを顔立ちから判断することは出来ませんし、特有の顔立ちも存在しません。
ダウン症の人は遺伝的な要因で、顔立ちが似るため、判断はできるかもしれませんが、アスペルガーの人は判断できません。
しかし、上記に上げた三つの障害があるので、人と関わることをあまりしない人も中にはいます。
そうすると成長するにしたがって、表情が乏しくなる場合がありますが、一般の人でも同じなので、やはりそれだけでは判断できません。
その他には統合失調症の場合は陽性状態では顔が張り詰めたり緊張した表情になったりします。
また陰性状態では感情が乏しくなるのでうつろな表情になったりすることがあるので、周りの人はなんとなく分かる場合もあります。
しかしアスペルガーの人はIQも普通もしくは少し高めで感情もちゃんとしているため、病気が表情に表れることは考えにくいのです。
以上、アスペルガーと顔立ちは関係がある?についてでした。

スポンサーリンク