アスペルガー 幼児期 特徴

アスペルガーの幼児期の特徴とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの幼児期の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群という病気は、発達障害の一つで、自閉症と同じ分類です。
特徴として、日常生活が同じでパターン化することが多い、興味が限定的である、周りとの交流が難しいがゆえに接点を持ちたがらない、という特徴があります。
自分でその症状や障害を自覚することが少なく、大人になって社会に出て仕事をするようになると、ミスが多かったり、周りとのコミュニケーションが難しく、そこで初めてアスペルガーだと気づくことが多いようです。
それではアスペルガー症候群の幼児期の特徴はどんなものがあるのでしょうか?
みていきましょう。
一つ目は、一人でいることや一人遊びを好むことです。
遊ぶにしても、自分と同じ歳の子ではなく、自分より上の子や下の子と遊ぶ傾向があるようです。
同年代だと同じ立場になってしまうので、その関係性が苦手なようです。
二つ目は、素直過ぎる・馬鹿正直過ぎるといった特徴があります。
アスペルガーの子は、自分では自覚していませんが、思いをそのまま伝えてしまうので、言葉がきつくなったりして、相手が傷ついてしまうことがあるようです。
これが他人といることを好まない理由かもしれません。

スポンサーリンク

三つ目は、内緒話を内緒にできないというものがあります。
たとえば子供同士で内緒話をしても、大人に聞かれたら簡単に答えてしまいます。
これも本人には自覚や悪気はなく、聞かれたから話したというように思っているのです。
このようなアスペルガーの人との接し方で大切なのは、相手の事を理解してあげることです。
アスペルガーの人は『想像力』『コミュニケーション』『社会性』の欠如があるので、その場に適さない行動や態度をとったとしても、攻めずに、適切な対処をしてあげてください。
そして上手に付き合うコツが三つあります。
一つは、環境づくりです。
アスペルガーの人は変化に弱い面がありますので、予定の変更がある場合は、なるべく早い段階で、変更があることを伝えることが大切です。
二つ目は、静かで安全な環境づくりです。
音が大きいところや騒音が激しいところは苦手なので、なるべく静かな場所にいることが大切です。
そのような静かな場所の方が能力を最大限に発揮できます。
三つ目は、指示やルールをハッキリさせておくということです。
素直なのでしっかりと指示やルールを決めておくことで、スムーズに事が運びます。
アスペルガーの障害はまだハッキリとした原因等は解明されていませんが、親の育て方が問題ではないので、もし悩んでいる方がいたら、自分を責めないで上げてください。
正しい知識をつけ、最善の生活を送れるようにしていきましょう。
以上、アスペルガーの幼児期の特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク