アスペルガー 仕事 指導

アスペルガーの方への仕事の指導の仕方

スポンサーリンク

今回はアスペルガーの方への仕事の指導の仕方というテーマで話していこうと思います。
アスペルガーの方への仕事の指導の仕方どんな指導なのでしょうか?みていきましょう。
まず、アスペルガー症候群は発達障害の一つであるとされています。
多くのアスペルガー症候群の人は、この病気だけではなく、いくつかの病気が合併している可能性があります。
たとえば、多動性注意欠陥障害(ADHD)や学習障害(LD)です。
これらの障害は何かをチェックすることが苦手で、このような仕事は向きません。
アスペルガーの人は、自分の好きなことや得意な分野なら普通の人以上に力を発揮することができる特徴があります。
しかしそういう能力がある人ばかりではなく、個人差が大きいことも挙げられます。
それはまだ才能のある分野に触れていないだけの可能性もありますが。

スポンサーリンク

他にも特徴として、決まった作業は出来ますが、自分で行う能動的な作業や判断は上手くできないことが多いようです。
アスペルガーの人に仕事を指示するときに、言葉に出していない指示は出されていないものと認識します。
一般的に、これを言われたらこれはするだろうというものもやりません。
アスペルガーの人に指示を出す場合、細かく指示を出すことが大切です。
たとえば『〜字で書き終えてください。』『〜時までに終わらせてください。』『〜をして下さい。』『〜はしないで下さい。』
といった具合です。
また、メモの活用が効果的です。
仕事も複数頼むのではなく、一つずつ与えていくのが良いでしょう。
あいまいな指示では混乱してしまう可能性が高いです。
もしミスをしてしまった時は、感情的に怒るのではなく、理由を明確に言って、相手に納得してもらうやり方がいいでしょう。
感情的に叱っても全く理解できません。
そして理解したことを言葉にしてもらう作業をすると、より理解してもらえます。
アスペルガーは病気と捉えるのではなく、一つの個性と捉え、その人に適した環境を与えることで、双方にとって良い循環が生まれ、お互いストレスの少ない生活を送ることが出来るでしょう。
以上、アスペルガーの方への仕事の指導の仕方についてでした。

スポンサーリンク