アスペルガー 遺伝 母親

アスペルガー症候群と母親との遺伝の関係について

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群と母親との遺伝の関係についてというテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群と母親との遺伝の関係はどうなっているのでしょうか?
アスペルガー症候群は、自閉症の一種で、知能や言語障害はありません。
この病気は相手の気持ちを想像したり読むことが難しく、そのため他人と関係が上手く構築できなかったりするので、主にコミュニケーションに難がある病気です。
目に映ったものをそのままストレートに表現します。
それが一般の会社だと上手くいかない原因になったりするのですが、逆に自分の能力を上手く発揮することができれば、凄い結果を残すことも可能なのです。
アスペルガーの人は特定の分野に強い興味を持つことがありますので、それをみつけてあげることができれば、本人も自信になりますし、良い循環に入ることができます。

スポンサーリンク

このような特徴を活かして世界的に有名になった芸術家もいます。
今まではアスペルガーの特徴について話してきましたが、一体原因はなんなのでしょうか?
それは、遺伝によることが多いようです。
特に女性より男性の割合が多く、女性の4倍〜5倍の割合でいるそうです。
母親やおばあちゃんにアスペルガーの人がいる場合と父親やおじいちゃんにいる場合、父親やおじいちゃんにいる場合の方が、子や孫に遺伝する確立は高いようです。
また親戚がアスペルガーである場合も、遺伝する可能性は高いようです。
アスペルガーの人は健常者といわれる人達に比べると身体的・心理的な成長は遅いですが、ゆっくり成長していきます。
成長する過程では、一緒に工夫をしたりして接していくことが重要になります。
以上、アスペルガー症候群と母親との遺伝の関係についてでした。

スポンサーリンク