アスペルガー 夫 接し方

アスペルガー症候群の夫への接し方とは?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群の夫への接し方とは?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群は知能や言語、見た目は全く異常がないので、気づかないことが多く、病気であることすらわからずに今も過ごしている人がいます。
しかし最近では、このアスペルガーが認知されてきたので、単に性格ではなく、病気なのではないか?という疑問を持つ方が増えてきました。
特徴として、相手の感情が読み取れないことや、一人でいることを好んだり、日々決まったパターンの生活をするので、特に結婚をしていると、この特徴が悪影響を及ぼすことが多いのです。
ではアスペルガー症候群の夫への接し方とはいったいどうすればいいのでしょうか?みていきましょう。

スポンサーリンク

夫がアスペルガーと気づく事柄として、暴力があったり、妻や子供に対して無関心で愛情がなかったり、なにかに没頭すると周りがみえなくなったり、強い執着心があることで、アスペルガーと気づくことがあります。
アスペルガーは性格の問題ではなく、脳の機能障害なので、周囲が上手に工夫をしたりして接していくことが重要です。
具体的には、してほしくないことはしてほしくないとハッキリ伝えたり、してほしいことは何度もいったり細かく指示したりして納得してもらうことが重要です。
そしてアスペルガー症候群の夫は病気の一種なんだと理解し、寛容な心で相手を受け入れ、接していかなければ上手くはいきません。
時には、『なんでわかってくれないの、、』『なんでそんなこというの、、』と傷ついたり、理解に苦しむことがあるかもしれませんが、それはこの人の個性と受け止め、工夫をしていく必要があります。
以上、アスペルガー症候群の夫への接し方とは?についてでした。

スポンサーリンク