アスペルガー 遺伝 父親

アスペルガーは父親から遺伝しやすいのか?

スポンサーリンク

今回はアスペルガーは父親から遺伝しやすいのか?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガーは父親から遺伝しやすいのか?というテーマですが、アスペルガーは父親から遺伝しやすいのでしょうか?
アスペルガーは母親より父親の影響の方が大きいといわれています。
アスペルガーの男女比率も男性:女性=10:1と大きく男性の割合が大きくなっています。
そもそもアスペルガー症候群の男女の絶対数が違いすぎるので、比べるもの難しいです。
女性は男性の脳の作りとは違って、元々コミュニケーションが得意なので、女性がアスペルガーを発症している場合、男性と同じぐらいのコミュニケーション能力になるだけで、劣っていると感じることが少ないため、アスペルガーと分かるまで時間がかかる場合が少なくありません。
そのため、特に女性は大人になるまでアスペルガー症候群だったことにも気づかない人がいます。

スポンサーリンク

アスペルガーは前頭葉に障害があって起こるとされています。
脳の容積も健常者の方と異なっているようです。
この病気が認知されてきたのはつい最近のことです。
元々この病気はありましたが、社会が高度化、複雑化してきたことで、表面化してきた病気であります。
医学的にみても、前頭葉や側頭葉は遺伝しやすいことから、アスペルガーも遺伝しやすいことが考えられます。
最近遺伝子治療も注目されています。
遺伝子の移植を工学的な技術によって行うものです。
しかし現段階では発達障害に対する治療で結果はでていません。
遺伝子の操作は理念やモラルなどの諸問題があるのでなかなか進展しません。
アスペルガーや発達障害の治療も大切ですが、環境や社会の在り方、捉え方も大切になってくるでしょう。
以上、アスペルガーは父親から遺伝しやすいのか?という話でした。

スポンサーリンク