アスペルガー 成人 症状

成人のアスペルガーの症状と社会で躓くポイント

スポンサーリンク

今回は成人のアスペルガーの症状と社会で躓くポイントというテーマで話していこうと思います。
成人も子どものアスペルガーの症状はほとんど変わりませんが、取り巻く環境が変わることによって、ストレスの受け方も変わってきます。
子どもの頃は学校や家庭といった環境だけですので、比較的複雑な場面は多くはないと思います。
そのような状況下ではアスペルガーがあったとしても、さほど気になるものではありません。
しかし社会にでると、色々なものが複雑になっていき、その会社や地域だけのルールなんかもあったりして、なじむのが難しく感じることがあります。
それでは成人のアスペルガーの症状と社会で躓くポイントについてみていきましょう。
アスペルガーの症状や特徴として、相手の感情を読み取ったり、暗黙の了解を理解できないことがあります。
それによって、仲間はずれにされたり、いじめをうけやすくなる傾向があります。
さらにアスペルガーの人は言われたことを素直に受け止めてしまたりするので、心無い一言で深く傷ついてしまうことも少なくありません。
社会に出ると世間話をする機会が増えるかと思いますが、これも社会で躓いてしまうポイントの一つになります。

スポンサーリンク

空気を読むことが苦手なので、皆が笑っている場面で一人笑っていなくて場をシラけさせたり、他には自分の興味のあることは、相手の話を振り切って、自分の言いたいことをひたすら言ってしまい、周りを引かせてしまうこともあります。
社会に出ると想定外のことも当然多くなります。
たとえば上司にその仕事適当にやっておいてといわれても、どうすれば良いのか分からなくなって困ってしまう場合があるのです。
臨機応変な対応が苦手なのです。
また、場にそぐわない服装をしてくることがあります。
他の人は私服なのに、自分だけスーツできてしまった。
お気に入りの服だけ着続けてボロボロ。ということがあります。
ファッションセンスがあって奇抜な服装をしているならわかりますが、そうでないことが多いです。
あと、礼儀が分からず社会で躓いてしまう人も中にはいます。
社会人にとって、礼儀はマナーなので、これが出来ないと、躓くのは当然になってしまいます。
以上、成人のアスペルガーの症状と社会で躓くポイントについてでした。

スポンサーリンク