アスペルガー 遺伝 確率

アスペルガー症候群は遺伝する?その確率は?

スポンサーリンク

今回はアスペルガー症候群は遺伝する?その確率は?というテーマで話していこうと思います。
アスペルガー症候群は発達障害の一つとされていて、原因不明の病気であります。
しかし、数多くのデータを分析するとアスペルガー症候群は遺伝性の確率が高い発達障害である傾向があるということが分かってきました。
そのため、親がアスペルガー症候群や発達障害であれば、アスペルガー症候群を発症する確率は高くなります。
また親がそうでなくても、親戚にいる場合でもアスペルガー症候群を発症する確率が高いとされています。
それでは、具体的にアスペルガー症候群が遺伝する確率は一体どのくらいなのでしょうか?
現在言われているのが、五人に一人の確率でアスペルガー症候群は遺伝するといわれています。
よって、およそ20%の確率でアスペルガーが遺伝してしまうことが分かっています。。
これはあくまで診断を受けた人の割合なので、診断を受けていない人や軽度でアスペルガーと診断されていないグレーゾーンの人も含めると、もう少し割合は増えると予想されます。

スポンサーリンク

また、アスペルガー症候群の他にも、ADHD(多動性障害注意欠陥症)などをもっている親もいます。
よって、アスペルガーだけではなく、色んな障害をお持ちのお子さんが生まれる可能性もあります。
家系をみれば、子供を生むリスクは予想できるので、生まれたら早いうちから小児科などを受診することをオススメします。
しかし、もしアスペルガーや他の発達障害と診断をされても、早い段階から療育を受けていれば、比較的スムーズに学校生活を送ることが出来ます。
また、発達支援センターや発達障害をサポートする機関がありますので、そのような専門の先生のアドバイスをもらうことで、不安が解消されたり、同じような悩みを持っている方と知り合いになれたりするので、ぜひ参加してみてください。
以上がアスペルガー症候群は遺伝する?その確率は?についてでした。
いかがだったでしょうか?
他にも参考になりそうな記事を書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。
ご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク