アスペルガー 症状 大人 子供

アスペルガー症候群 サイトの概要と説明

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは発達障害の一つで、知的障害を伴わず、自閉症の一つでもあります。
発症の原因は、脳の機能障害、遺伝的要素、などの様々な説がありますが、まだまだ解明されていないのが現状です。
アスペルガー症候群は先天性の障害であり、ある程度成長する過程で発見されることが多いようです。
そのため、コミュニケーションがとれるようになってから気づくことが多いです。
他人との接触が多くなってくる幼稚園や保育園、小学校のタイミングで分かることが多く、女の子よりも男の子の方が多い傾向があります。
アスペルガーの人の特徴として、臨機応変な行動が苦手、整理整頓ができない、素直でバカ正直、特定のものに強い関心を示す、空気が読めない、コミュニケーションが苦手、というような特徴があります。
以上のような兆候がみられたら、一度病院での検査をオススメします。

スポンサーリンク

まだ子供の場合は、親などのその子と近い関係の人が早く気づいてあげることが重要です。
周りも自分も気づかずそのまま大人になって過ごしている人も大勢います。
アスペルガーだと病院などの専門機関に行って分かった場合は、改善のための療育が始まります。
主な方法としては、専門家が作ったプログラムを受けたり、トレーニングを受けたりします。
成長過程で、不安になったりパニックになったりすることがあるので、その時は状態を安定させるために投薬を行うことがあります。
そして、なにより大切なのが、家族の理解やサポートです。
まずは現実をしっかりと受け止め、安易に怒ったり、否定せずに穏やかに接することが大切です。
普通の人ができて当たり前のことも、褒めてあげることで、自信に繋がります。
アスペルガーの人は特定の分野に強い興味を示すことが多く、その部分を延ばしてあげる姿勢が大切になります。
家族一丸になって成長しようという心構えが家族の絆を一段と深め、それは安心につながり、能力を最大限に活かすことのできる人生になっていくことでしょう。

スポンサーリンク
更新履歴